2008年05月10日

儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方

内容紹介
◆「今ひとつ儲からない」「時間がない」という中小企業の社長のための時間管理術!
中小企業の社長には、「夜中まで働いているのに、今ひとつ儲かっている実感がない」
という人が多い。
そして、仕事に情熱を注ぐあまり、「徹夜自慢の罠」に陥ってしまい、
「忙しい」を口癖に、周りに「負のオーラ」を出しまくっている人もいる。
その原因は、社長が効率よく稼いでいないから。
本書では、サラリーマンとはひと味違う、
社長ならではの“儲けるための時間管理術・仕事術”を紹介する。

◆社長はワクワクできる仕事をしたいもの! そのためには……
儲かる会社に変わるために社長が時間を使うべきことは、
「効率よく稼ぐ手法を考案・選択する」「他人にやってもらうしくみを作る」の2つ。
顧客獲得コストが低い既存顧客のリピート率を上げる考え方から、
労働生産性を向上させる「マニュアル」の作成方法など、
時間効率を一気に上げる手法を、図表を交えて解説する。
さらに、「人脈を形成し、情報・知識を習得する」ことで、
普通のサラリーマン以上に直接的に稼ぎを上げていくためのポイントも紹介。
儲かって、しかもワクワクできる仕事をしつづけるための考え方、時間の使い方を伝授する!

【目次】
第1章 なぜ、社長の時給は下がりつづけるのか?
第2章 社長は昼にランチを食うな!
第3章 まず、効率よく稼ぐ手法を考案・選択する
第4章 できる社長は「他人にやってもらう」しくみ作りに時間をかける
第5章 「人脈形成」「情報・知識習得」も時間効率よくこなす
第6章 自由に動ける「社長ならでは」の時間管理術
儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方


sirayou2468 at 17:57│TrackBack(0)経営関係 | 起業向け

トラックバックURL